まずは脱毛エステの種類はほぼ「3方式」

脱毛エステでできる脱毛は大きく分けるとニードル脱毛と光脱毛の二種類に分けられます。クリニックなどの医療機関であればこれにレーザー脱毛が加わります。
レーザー脱毛は以前はエステでも施述可能でしたが今は医療行為に当たるとして禁止されています。

 

光脱毛でも、照射力はエステよりもクリニックのほうが高い出力で行える分より効果は期待できます。しかし、高額なので低出力でも時間をかけてじっくり行っていき低価格なエステを選択する人も多いようです。

 

脱毛エステでできる脱毛、ニードル脱毛は絶縁針脱毛とも呼ばれ電気式の針を毛穴に入れて一本一本毛根を焼いていく方法です。一本ずつ行わなければならないので時間はかかりますが、確実に脱毛していくことができるので効果は高いです。

 

痛みが伴うことも多く、施述には高度なテクニックを要するので施述できるエステティシャンの数も少なくあまり見られない脱毛方法となっています。

 

反面、多くの脱毛エステで取り入れられているので光脱毛です。機械の種類は様々で各社独自研究の末作り出したものを導入していたりしますが、基本的には黒い色に反応し熱を放射することで毛と毛根を焼いていく方法となります。

 

照射範囲が広く痛みも少ないことが特徴です。毛周期に合わせて何度も施述していかなければならないので時間はかかりますが安価で痛みもあまりないことから人気の脱毛方法となっています。

 

光脱毛の中でもIPLやフラッシュなど名称や種類がいくつかありますが、どれもメラニン色素という黒い色に反応するという基本は同じものが大半です。

 

気になるときにはどんなものなのか最初のカウンセリングでしっかりチェックしておきましょう。