アンダーヘアーの脱毛は水着を着る女性なら常識

水着売り場での出来事

ある日男性と女性併せて5人で、再来月に海水浴に行こうと遊びに行く相談を友人としていました。
そして休日に友人と私はデパートの水着売り場に来て、水着を物色していたのです。
するとビキニタイプの水着が目に入り試着してその姿を友人に見せると、笑い出しました。
私は、何故笑うのかと尋ねた所アンダーヘアーがはみ出しているというのが判り、私は顔を真っ赤にして試着室のカーテンを素早く閉めました。

アンダーヘアーの脱毛はプロに任せた方が良い

デザインと良い着心地と良い申し分無いので、自宅に帰ってから脱毛すれば良いだろうと心に決め、その水着を購入しました。
帰りの電車内で、アンダーヘアーはどうするのかという旨の事を聞くので、私は自分でハサミと安全カミソリで何とかすると答えたのを今でもはっきりと覚えています。
すると、それは脱毛のプロである、エステサロンに行ってやって貰った方が良いというのです。

恥ずかしかったけれど予約しました

私はワキ毛や足等のムダ毛処理がエステの脱毛だと思っていたのですが、インターネットで調べて見ると、ビキニラインや性器周り等の脱毛がある事を初めて知りました。
私は悩みましたが、一緒に海水浴に行くメンバーの中に想いを寄せている人がいたので、その人に試着室で起きた様な場面を見られたら、嫌われてしまうのは絶対に嫌です。
結果的に、ビキニラインのムダ毛処理さえできれば十分だと判断したので、何時も利用しているエステサロンに電話で予約を入れました。
するとムダ毛は予め3日前から、あるいは少なくとも前日迄にはシェーバー等で自己処理しておいて下さいと言われたので、風呂場で処理をしました。
こんな事は生まれてからしてみた事が無かったのですが、意外とさっぱりして気持ちが良かったです。

いざエステサロンへ

そして当日エステサロンに赴くと、紙で出来ているTバックタイプのショーツに履き替えて下さいと言われ、とても恥ずかしかったのですが覚悟を決めて履き替え、最初にジェルの様なものを塗られした。
ビキニラインの脱毛して貰い、始めは少し痛みがありましたが徐々に慣れていき、思っていたより早く終わりました。
施術が終わりましたが保冷剤を当てられアイシングをする工程が残っていますので、私は学生時代のテストが終わった様な開放感に慕っていたのです。
あと何回か通う必要がありますが、購入した水着で例の彼に見て貰う光景を思い浮かべると、楽しみでたまりません。